痩せ過ぎている女性は体型にあった服が見つからない、早くふっくらしたい女性に

女性の痩せすぎの悩みはなかなか相談できない

 

痩せすぎで悩んでいる女性はその悩みをなかなか相談できないようです。また痩せすぎの女性は自分にあったサイズの服を探すのも大変なようです。どちらかと言えば太っている女性のサイズのほうが多いようです。意外ですね。痩せすぎの女性は太り気味の女性より実は悩みが深かったりフルようですね。

 

 

 

世間では太ることイコール美容の大敵とばかりに、脂肪を目の敵にしてダイエットで少しでも体重と体脂肪を落とそうと躍起になる女性陣が数多くいますね。適度な脂肪ならともかく、もちろん太り過ぎは体に良くないですが、その一方で実は痩せすぎ女性にも、肥満とはまた違った悩みや困りごとがあるものです。

 

 

まず一つには、「痩せた体形にあった洋服が見つけにくい」です

 

 

「えっ?Mサイズを買ってればいいんじゃないの?」と驚かれるかもしれません。しかし、痩せているイコール均整のとれたナイスバディで着る服に困らない、ではないのです。特に、最近は日本人女性の平均身長も高くなっているからなのか、レディース服のMサイズも標準身長は156〜158センチあたり。通販カタログではモデルさんは一般的なサイズであるMサイズを着用するのですが、たとえ同じMサイズでももともと長身で足長のすらっとしたモデル女性と同じ着こなしができるというわけではないでしょう。しかもそのMサイズですら、身長カツカツなのですから、体形に合う服となると次はSサイズ。最近はさらに小柄女性のためのSSサイズなんてのもありますね。

 

「私Sサイズで…」なんて言ってると「痩せてるアピールして」なんて言われそうで言えませんが、じっさい服のメーカーやブランドによっては「これがMサイズ?」と思うほどゆったり目に設定されているものも。欧米からのブランドメーカーなどは特にその傾向が強いように思います。

 

「太ってるから洋服はLサイズからじゃないと選択肢がなくて…。」と言う方。Lサイズイコール太っている人のサイズという定説は昔の話。「女性の理想体重は45キロ」という都市伝説と同じくらい、古い固定観念だと思って改めた方がよいと思います。正直今ではLサイズが標準サイズなんじゃないかなと思うくらい。

 

それに、S、SSサイズは市場に出る数が少ないためにセール品に出会う確率も少ない。せっかくバーゲンセールに行っても、欲しいサイズがなくてガッカリという率は、M、Lサイズよりはるかに高いのです。

 

 

それから、もう一つの悩みは、「人に話しても分かってもらえない」です

 

 

「私、痩せてて困ってるの」なんて打ち明けて、「わかるわかる、私も〜」なんて共感してもらえることはまずありません。見た目からして、スタイルも良くてどこも太ってないのにな、なんていう人でもそうです。「いいなぁ、私太ってるから」と返ってくるのが大体のセオリー。結果自分一人だけが「痩せてる自慢話をしてる」みたいになってしまうので、正直この話題は話しにくい。本当にただ体重が落ちて、困ってるのを話したいだけなのに…。

 

そんなこともあって、「痩せすぎの悩み」については、悩んでる本人は総じて孤独です。

 

そんな痩せすぎで孤独を感じる女性がふっくらする方法がこちら
ガリガリ治したい女性※ふっくらしたい女性の方へ

 

 

 

少しでもふっくらした体に近づき痩せすぎの孤独とサヨナラしませんか?

 

 




このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

痩せすぎて気持ち悪いと言われてつらい思いをした女性です
痩せ型で、痩せすぎで気持ち悪い、もっとご飯食べたらと言われ傷ついていル女性です。どうしたら女性らしいふっくらした体に慣れるのでしょうか。
痩せすぎの女性が露出の多い服を着るには−細い女性は夏になると悩みが増える!
痩せ型で悩んでいる女性は夏場になるとさらなる問題が出てくるようです。それは夏は露出の多い服を着る機会が増えるから。どうすれば痩せ型の女性がふっくらできるのでしょうか。